コンテンツ一覧

神前式でかかわる人

女性

日本人ならではの和の挙式

日本の伝統を大切にしたい、日本人らしい、しっとりとした女性に憧れる、厳かな式にしい、いろいろと理由はあるでしょう。実際、キリスト教式や人前式とは違って、神前式にはさまざまなルールがあります。 しかし、今は、昔からのルールにとらわれず、形だけを残してオリジナリティあふれる神前式をおこなう人も増えています。例えば白無垢をきてかつらというのが定番ですが、白無垢を着用せず、髪型も自由にアレンジしている花嫁も良く見かけます。神前式と言えば神社が一般的ですが、チャペルなどで式を挙げることも今ではめずらしくはありません。 時代とともに、式のスタイルは変化してきているのです。

神様の前で誓いを立てるのが神前式です。キリスト教式で牧師さんに当たる人が斎主と呼ばれる人でしょう。斎主が神に、二人の結婚を報告してくれます。新郎新婦は最初参進の儀といって、斎主や巫女に先導され、本殿に向かいます。いわゆる、花嫁行列のことです。このときに、雅楽が演奏されます。式では、誓いの言葉を交わした後、巫女の舞が行われます。カメラマンや親族以外は立ち入り禁止の場合もありますが、最近ではあまり気にするところもないようです。 このように、神前式では、斎主、巫女、雅楽の演奏者と多くの人が一つの式のために関わってくるのです。ホテルで神前式が手軽にできるところも多く、雅楽の演奏もCDだったりと簡易的になっているところもあるようです。しかし、本格的な神社での神前式は、ゲストの感動を呼ぶようです。

オススメ記事

ドレスで綺麗になる

手

ここ最近では、福岡では神社挙式がブームとなっています。一般的に結婚式というと、ホテルでウエディングドレスで式に臨むイメージがあります。多くのスタイルが展開されているのです。

ネットでも購入可能

指輪

結婚指輪はデザインがこだわっていて、且つリーズナブルであるということを重視しています。ネットショップオリジナルの結婚指輪も多いので、うまく利用すればかなりお得に購入できるのです。

教会の教えによる

男の人と女の人

結婚式のスタイルには、大きく分けて教会式と人前式、そして神前式があり、それぞれ違いがあります。このようなスタイルを元にしておくことによって、納得の行く挙式が期待出来ます。